2012年04月30日

シンガポールへの出張

ブログを引越しました。こちらでお楽しみください。
このページは自動的に遷移します。遷移しない場合は『 はてなブログ:シンガポールへの出張』をクリックしてください。


シンガポールに先日4月22日から26日の間、モバイルマーケティングのカンファレンス(http://www.mmaglobal.com/events/forums/singapore2012/overview)に参加するため行ってきました。

シンガポールは馴染みがなく、シーライオンのイメージしかありませんでした。ただ、行ってびっくりしました。小さい国にいろいろな国の人達が混在し、いろんな言語が使われていました。インド、インドネシア、マレーシア、フィリピンなどなど。お互いの文化を尊重しつつ生活しているような感じでした。

カンファレンスの内容はモバイルを利用したマーケティングの事例や新しい技術、あとはモバイルを取り巻く環境の変化などが話されていました。

カンファレンスの内容も非常に興味深かったのですが、今回、気になったのはやはり、シンガポールの環境が興味深かったです。というのも先に記述したように、いろんな国の人がミックスされています。アジア圏だけではなく、いろんな企業のアジア拠点に使われているため、アメリカ、ヨーロッパからの人もいます。

これは、大きく日本も学んだ方が良いのでは内科と思いました。私たちは、ほとんど日本語で生活しています。そのため、他文化に対して、受け入れられない部分とかも出てきています。それがより、日本を世界から孤立eされているような気がしました。

そのことを思い知らされたのがモバイルのカンファレンスです。多くの国のスピーカーが日本は特別な国だと行っていました。文化もモバイルの発展の仕方も、聞いているうちに孤立感が増しました。海外のマーケットが入りにくい環境なのです。さらに、日本のマーケットも外に出にくい状況だと言えます。

アメリカやヨーロッパに習う必要はないと思います。日本の文化は文化として尊重する必要はあると思いますが、外からの物を拒否する必要もないと思います。シンガポールを見ていると、アジアの途上国と言われている国々が多く、海外の文化をうまく取り入れ発展していっている様子がよく理解できました。

カンファレンスにはシンガポールの国の機関の人たちも最新技術を見るために参加していました。日本でもこんな事ってあるのでしょうか?日本の政治家の人たちもこういう最新技術に興味があるのでしょうか?
シンガポールではすでにipadが教育のテキストとして使用されているようです。

国の機関のサイトを見てもよくわかります。一緒にいったイギリス人の同僚も、新宿のサイトはひどすぎると行っています。世界にも名前が通っている都市、新宿(東京都/http://www.metro.tokyo.jp/)のサイトがアクセシビリティもユーザービリティも考えないようなサイトになっています。

もっと、最新技術を取り入れ、多くの国の文化を受け入れるべきだと思います。その障害になっているのが英語だと言えます。やはり、自分もそうですが、英語に大しての負い目があります。それは、日本のダメな教育に問題があると思います。私の数十年前にうけた英語教育は常にグラマー中心でした。グラマーがあっているかあていないか。これが正しいか、正しくないかを考えるためには、日本語に置き換えると良いと思います。

日本語も日本人が使っている言語です。この日本語を考えるためにいちいち文法ってきにするでしょうか?「今、使ったのは形容詞?名詞?」なんていちいち考えますか?

言語は、物を指す言葉をつなげて、文章にしています。ということは、単語だけでも十分やりとり出来ます。片言の日本語を使っている外国のかたの日本語でも十分コミュニケーションが出来ます。
ただ、この考えは日本の教育では常にバツでしょう。

このような教育では、常に自分の話している文法があっているか、あっていないかを常に考えないといけないのです。でも、日本語ってそう考えて話していますか?あまり考えていないですよね。
言語という物をもっと真剣に考えて、コミュニケーションっていうものをもっと、考えた教育をしたほうが良いと思います。



posted by norizou at 07:24 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月17日

インフルエンザになった

ブログを引越しました。こちらでお楽しみください。
このページは自動的に遷移します。遷移しない場合は『 はてなブログ:インフルエンザになった』をクリックしてください。



インフルエンザになってしまった。丸2日、寝込んだ。
久々に38度を超える熱がでた。

先週末にインフルエンザにかかったと思う。仕事が忙しく、会社で徹夜、週末は子どもの発表会があったため、そのまま幼稚園へ。
休む暇もなく、週が開け、火曜提出するものを仕上げるため、必死で対応。水曜に時間ができたので会社を休んだ。

最初は、連日動いていたので体がだるくなっているだけだと感じていたのですが、熱が出始め、病院に向かうと、インフルエンザと診断されました。月曜から、体のダルさがあったのですが、熱は感じ無かったので、単純に風邪の前兆か、もしくは体がだるいだけだと思っていました。関節が痛くて体が思うように動かない。一生懸命、アルナミンを飲んだけど、なかなか、元気がでない。体力が落ちたなと感じました。

肉体は、異物の混入を真っ先に察知し、ダルさや痛みで訴えていたのに、意識自体がそれを否定していた。そんな感じがします。
養老孟司氏は、現代を脳化された時代と言っています。それを実感した気がします。
肉体的な変化に自然と意識を向けて、異常を完治して対応出来ればよかったのではと思います。

その当時の意識はそれほど異常と感じていませんでした。
体力がなくなったのか、単純に疲れているだけということしか意識しませんでした。
やはり、意識とはそれだけしかなかったのかもしれない。
そんなことを感じることができた、インフルエンザでした。



posted by norizou at 20:47 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月05日

政治家って

ブログを引越しました。こちらでお楽しみください。
このページは自動的に遷移します。遷移しない場合は『 はてなブログ:政治家って』をクリックしてください。



最近twitterを始めた。SNSの勉強で初めてみました。前の投稿でも書いたのですが、twitterは140文字のつぶやきが中心です。人のつぶやきをもたり、つぶやいたとしても「どうでもいい」だろうと思っていました。

初めてみてはじめは有名なデザイナや面白そうなタレント、それとニュース系サイトをフォローしていました。それはそれで面白かったです。デザイナさん立ちが何を考えていのかやニュースなども早く情報がつかめるので面白いと感じました。

そして、最近「政治家って普段何をしているんだろう」と疑問に思い、政治家200名以上をフォローし始めました。
なんで、そんな事を疑問に思ったのかというと、現在(2012年2月5日)行われているアメリカ大統領選で登場しているロン・ポール氏が、たまたま夕方のニュースで報道されていた。ナレーターが説明で「小さな政府を目指している」ということを行っていました。偶然にも僕はそのキーワードを数日前によった本屋で見つけた「資本主義と自由 (日経BPクラシックス)
」の中で目にしていた。

(「資本主義と自由 (日経BPクラシックス)
」や「小さな政府」はうまく説明する自身がないので、wikipediaで調べてください。)

なにか、こう言うのを見ていると、「日本の政治家って何を考えているのか」と「政治家って普段何をしているんだろう」というのを疑問に思い始めました。
であれば、twitter をフォローすれば、みえてくるのではと思いました。
政党や、考え方など問わず、政治家から政治と絡んでいる人を手当たりしだいフォローしました。

フォローして1ヶ月。今、見えてきたことを書き留めておこうと思います。

まず、政治家と呼ばれる人は、衆議院、参議院、合わせて722名いるそうです。そのうち政治家のアカウントはこのサイト(http://www.talenttwit.com/tllink/ct_10)でみると200名くらい。さらに、アクティブなユーザー(定期的につぶやいている方)は1割り程度。多くの政治家は選挙の直前でアカウントを作成して、2・3つぶやいて終了って感じでした。

やはり、一番うまくtwitterを使っているのは、橋下大阪知事でした。知事は非常にうまくtwitterを使っている感じがします。140文字の制限あるコメントは常にうまくまとめられており、一つ一つのツイートだけ読んでもよいし、連続的に読んでも良い。なので、リツイートがしやすい。また、常にツイートしているのではなく休日などでまとめてツイートしている。

たまに、どうでもいい内容を頻繁につぶやく人がいる。「非常にうざい」と感じてしまう。これはその人の考え方とかよりも人間性がよく出る。自分をアピールするのはよく分かるけど、まったくの逆効果になってしまっている。
さらに、それと同じなのだが、gifアニメーションをアイコンに使用している人がいる。これも、不愉快に感じる。ちらちら動いて、さらに連投するから出現が多い。「なんでそこまで主張する必要があるの?」人に大しての配慮にかける気がする。
アイコンの話だと、これは好みの問題かもしれないが、イラストを使用している方がいる。これも政治家としてどうなの?と感じる。
できれば、顔を売っている人たちなのでイラストを使わずに顔を露出したほうがよいと思う。

twitterをやっているだけでも、よいと思うのですが、若干、そういった演出が残念でならない。
そういった意味で、メディアの使い方や自分のアピールの仕方など、プレゼンテーションなどをよく理解してる人の方が優っているし、よい印象を受ける。単純につぶやけばいいと思っている方が結構多い感じがする。
自分の演出方法をそれぞれのターゲットによって使い分け、演出しているのはもっと政治家の人に学んでほしい。

「私頑張っています。」「国民の方のために働いています。」だけの情熱を見せても仕方が内容な気がする。自分が相手からどう思われ、相手の人間(ターゲット)はどんなモノなのかを理解して演出することが重要だと思う。

そういった意味で橋本知事などはネット(twitter)を利用しているユーザーの事をよく理解していると思う。

その他、感じることは公明党の議員は多くtwitterを行っていると感じました。個人個人のつぶやきの内容はさておき、これは党として共感できる取り組みだと思う。党だと「みんなの党」も多い。

発言に関しては、政治家の人たちはつぶやきを非常に慎重に行なっているとも言えるが。もう少し、個人の考えを見せてほしい気もする。つぶやきで多いのは、「今日は◯◯◯に行きます。」といったようなスケジュールをつぶやくケースが多い。その他、支援者からのつぶやきに大して、「頑張ります。」「勉強します。」といった返答のみのつぶやき。どう、なにを頑張るのかもう少し詳しく聞きたい。
140文字で説明するのは難しいのかもしれませんが、有権者として聞きたいのはこの点だと思う。

もう一つ、これも人によるのかも知れないが、自分のつぶやきに対して、思わぬ「返信」や「ダイレクトメール」が届く。
これは、困る。僕のような小市民はとても政治家の先生たちと討論するような器ではない。政治をひとつのショウとして捉えているので、それほど真面目に答えられるとどうして良いのかわからない。その返信やダイレクトメールでやりとりしても論破されるのは眼に見えているし、こちらの意見がどこまで届くのかも期待していない。
たぶん、「こいつは政治をわかっていない」で受け止められるだけだろう。だったらつぶやくなということもあるかもしれないが、、、

あと、わかったことは、これだけフォローしてつぶやきを日々観ていると政治に関心がわく。「明日は国会討論です。」というつぶやきを多く見ると、ちょっと見てみたくなる。できれば、だけかがこの映像を流して盛り上がっているところだけをダイジェストに1時間位でまとめてくれると、夜中帰ったあとに見ることができるんだけどなーと感じます。

民主党に政権が代わり、すべてのマニフェストが裏切られ、次の政権を考えてもわからない状態です。このまま政治家さんの日々を観察しつつ、選挙の参考にしたいと思います。

ひとつ思うのは、日本はつくづく平和だと感じました。総理大臣がここまで変わっても経済は周り、国民は文句を言わない。たぶん、うまく回っているんだと思います。なので、本来考え無くてはいけないのは「問題がある」という考えより「より良くするため」を考えたほうが良いと思います。今の政治家の多くは「これが問題だ」と常にマイナスを探そうとしている感じがします。基本的な問題って日本にはそう多く無いと思います。なので、国民がより良く生活するために、方法を議論してもらえるとありがたいと思う。


posted by norizou at 16:41 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする